メーカーが用意する中古車

バナー

メーカーが用意する中古車

車メーカーといえば自社ブランドで新車のみを扱っていると思われがちですが、最近は新車以外に自社ブランドの中古車、ディーラーによっては他車のブランドであっても自社の認定中古車として販売することが増えています。

これまでのディーラーといえば新車を売る、メンテナンスすることが主な業務でしたが、中古車の価値が上がってきたことや、顧客の持つイメージも良くなり、ディーラーで販売、メンテナンスを求められることが増えたこともあって、新車以外に中古も責任をもって販売する体制が整えられています。

メーカーとしては新車が売れてくれないと困るという面もあるようですが、ブランドの強化策、また、車離れも激しいこともあって、メーカーとしてもディーラーを守る上でも認定中古車は価値があると考えているようです。

役立つ中古車に関するお役立ちコンテンツ満載です。

認定中古車は2つの大きなメリットがあります。


1つは車に保証がつくことです。
業者によっては格安販売するからメンテナンス等は一切しないという売り方をする場合もあります。

もしくは、メンテナンスはするが、保証期間はとても短いなどです。

ディーラーの販売する認定車は通常、数年もしくは数万kmの延長保証が付くことが多く、安心感があります。

2つ目はディーラーでメンテナンスをしてくれることです。

日本経済新聞情報を、皆様へ配信するサイトです。

ディーラーのメンテナンスはメーカー直属のメンテナンス情報も持っていることからあらゆる不具合を直してくれます。



中古とはいえしっかり直してくれるのはメリットがとても大きいです。